効果時間が長い

vial pouring white drugs

中途覚醒の不眠症でお悩みの方は、ルネスタを使ってみてはいかがでしょうか。ルネスタはアモバンと同じく短時間で効果を発揮するのですが、半減期(薬の効き目が薄くなりはじめるタイミング)がアモバンよりも長いので、中途覚醒にも効果を発揮します。
眠りにつくのは早くて、持続時間は長いので、かなり使いやすい薬だといえるでしょう。寝たいタイミングに服用し、そのまま長く寝れますので、重度の不眠症の方にとっては手放せない睡眠薬です。
しかも、ルネスタはアモバンの副作用である苦みを感じさせませんので、アモバンの苦みが苦手な方はルネスタを利用してみてください。

ここまでの説明だとルネスタの方が便利に感じますが、必ずしもそうだとは限りません。ルネスタを使用する際に気をつけていただきたいのは、持ち越し効果です。
持ち越し効果とは、睡眠薬の効果を翌日まで持ち越してしまうことを指します。翌日の活動しているはずの時間にも睡眠薬が残ってしまうので、かなりしんどい思いをするはずです。この持ち越し効果は効果時間の長い睡眠薬を利用したときに生じますので、アモバンよりもルネスタの方が生じやすいです。深夜に服用した場合などは、翌日の昼まで効果が持ち越される形になるため、仕事に支障をきたす可能性がでてくるわけです。
持ち越し効果によって車の運転を誤り、大事故につながる可能性や、仕事の効率が落ちてしまう可能性がありますので、初めての服用は休日前にしたり、ピルカッターで半分に分割して使うなどの工夫がをおこなうのが望ましいです。
自分なりにうまく使えるバランスを探ってみましょう。