pink medicines with name

有名な睡眠薬

アモバンは非常に有名な睡眠薬で、愛用者も多い薬です。副作用が少なく、効果も高いのですが、入眠困難専用の薬ということは覚えておきましょう。効果時間に合わせて使用しなければ、アモバンは効果を発揮しません。

vial pouring white drugs

効果時間が長い

ルネスタはアモバンよりも効果時間が長いので、中途覚醒にも使用できます。ただ、効果が長い分持ち越し効果が生じやすいといえますので、服用の際は細心の注意を払いましょう。服用後の危険作業は控えて下さい。

不眠症のタイプ

medicine with candy

不眠症に悩まされている方はいませんか?実は最近は不眠症に悩まされている方がどんどん増えており、不眠症は決して珍しい病気とは言えなくなってきました。
不眠症と一言でいっても、そのタイプは大きく4つに分けることができます。これらは不眠症が現れるタイミングによって分かれていますので、まずは自分がどのタイプの不眠症かしっかり見極めましょう。
このタイプによって、不眠症に必須である睡眠薬の選び方も変わりますので、睡眠薬を購入する前に不眠症のタイプを確認しておきましょう。

不眠症の中でも特に分かりやすいのが「入眠困難」です。入眠困難はその名の通り眠りにつけない状態で、典型的な不眠症です。具体的にいえば、30分~1時間という目安がありますので、布団に入って30分近く眠れない場合は不眠症を疑いましょう。
2つ目のタイプである「中途覚醒」は本来は眠っているはずの時間に何度も目が覚めるというものです。中途覚醒の場合は睡眠が細切れになるので、あまり眠っている実感を得ることができません。疲れはたまる一方なので、改善が必要になります。
3つ目のタイプは「早朝覚醒」です。これは本来起きるはずの時刻よりも2時間以上前に目が覚めて、眠れないという状況が何日も続いた場合に認定されます。「早起きは三文の徳」と言いますが、早朝覚醒はトータル睡眠時間が短くなってしまいますので、かなりつらい症状です。
最後のタイプは「熟眠障害」と呼ばれるものです。これは睡眠時間は通常と変わらないのですが、眠りが浅い分、熟睡した感じが得られません。これは脳が休憩できず、睡眠薬でも改善できない場合がありますので、非常に厄介な症状だといえます。

不眠症の治療は、これらの症状に合わせた睡眠薬を選ぶことから始まります。アモバンやルネスタなどの人気の睡眠薬もそれぞれ効果が異なりますので、自分に合っているのがアモバンなのかルネスタなのか、冷静に見極めましょう。

アモバンの効果や服用方法の詳細はコチラ

he drug is contained in a test tube

不眠症そのものを克服する

アモバンやルネスタなどの睡眠薬は、不眠症を治療するものではありません。あくまで対症療法なので、根本的に治療する必要があることを覚えておきましょう。根本的な治療には時間と根気が必要なので、まずは睡眠時間を確保しましょう。